胃酸を中和するウレアーゼ!尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解

ウレアーゼでガードするピロリ菌

ウレアーゼでガードするピロリ菌

ピロリ菌が存在すると慢性胃炎や胃潰瘍になりやすいです。症状は「悪心、嘔吐、胸やけ、げっぷ、膨満感、重圧感、痛み」などが胃を襲います。

胃の内部はpH1~2と高い酸性ですが、ピロリ菌もこの酸性に耐える構造をしているわけではありません。ピロリ菌が胃を平気で動き回れる理由は、胃酸が薄い胃の粘膜に好んで住みつき、胃酸から逃れているからです。

さらにピロリ菌はウレアーゼと呼ばれる酵素を生成します。この酵素は胃粘液に含まれる尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解して、そのアンモニアでピロリ菌は周囲をガードします。

(NH22CO+H2O→2NH3+CO2

加水分解による「尿素+水」の結果、強アルカリ性の「アンモニア+二酸化炭素」を生み出しています。二酸化炭素は速やかに吸収され、血液から肺に移行し、呼気中に炭酸ガスとして排泄されます。

ピロリ菌の検査で最も使用される尿素呼気試験法は、この二酸化炭素の増加量を呼気から判定する方法です。

ピロリ菌から発する刺激物でダメージ

ピロリ菌は胃液に含まれる尿素をアルカリ性のアンモニアに分解することで、自分の体を胃酸から守っていますが、この現象だけでは胃炎などを発症させる理由にはなりません。

ピロリ菌から発する刺激物でダメージ実はピロリ菌が生成している中性と酸性のウレアーゼが毒素であり、胃粘膜に劣化を起こすことで、胃の環境が悪化していきます。

さらにピロリ菌はウレアーゼ以外にも毒素を発します。例えば、特異的な外毒素である細胞空胞化毒素などは、粘膜障害を誘発します。

また、分泌酵素であるムチナーゼやプロテアーゼも同様に胃の環境を悪化させますし、ピロリ菌の最外殻に存在するリポ多糖を始め、線毛に類似した「IV型分泌装置」によっても胃は炎症を起こしやすいです。

つまり、ピロリ菌がダイレクトに胃に刺激を与えているのではなく、ピロリ菌が放出するウレアーゼなどの酵素が人にとっては毒素となり、病原性を高めているわけです。

ピロリ菌は外側へ毒素を放出する「細胞空胞化毒素」を持つ菌であり、この毒素こそが慢性胃炎や消化器潰瘍、胃がんを引き起こす本当の病原体です。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2007.09.09
更新日更新日 2015.05.20

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
胃腸に優しい食品一覧!食物繊維が少なくて薄味の食品を選ぶ
胃腸に優しい食品一覧!食物繊維が少なくて薄味の食品を選ぶ
胃腸に優しい食事とは「胃で消化しやすく、腸で吸収しやすい」ことを意味します。具体的には消化吸収の妨げになる食物繊維が少なくて、胃での停滞...
ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意
ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意
最近「胃の調子が悪く、慢性化していて治らない」といった症状が現れている人は、ピロリ菌が原因かもしれません。特に50~60代の人はピロリ菌の保...
【漫画】1分でわかるピロリ菌!胃炎や胃がんの原因
【漫画】1分でわかるピロリ菌!胃炎や胃がんの原因
ピロリ菌は胃の中に好んで住みつき、胃の壁を傷つける細菌です。胃の中は強い酸性で「細菌が住めない」と思われていたため、1983年に発見されるま...
唾液で感染しないピロリ菌!感染経路は不衛生な水道設備
唾液で感染しないピロリ菌!感染経路は不衛生な水道設備
上下水道の普及率が低く、衛生状態の悪い地域ではピロリ菌に感染する確率が高いことが判明しています。特に水道管の内部のヌルヌルに菌が繁殖して...
ピロリ菌に関係する病気とは?慢性胃炎や胃がんはピロリ菌が原因
ピロリ菌に関係する病気とは?慢性胃炎や胃がんはピロリ菌が原因
ピロリ菌が発見されてからは、胃で発生する不快感の原因が「ピロリ菌である」と特定されることが多くなりました。例えば、胃粘液が減って胃壁の表...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK