ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意

ピロリ菌が胃内に潜む原因と確率

ピロリ菌が胃内に潜む原因と確率

最近「胃の調子が悪く、慢性化していて治らない」といった症状が現れている人は、ピロリ菌が原因かもしれません。特に50~60代の人はピロリ菌の保有率が70%に達しています。

そこで10個の質問からあなたの胃にピロリ菌が存在するかをセルフチェックできるようにしました。日常生活を振り返りながら回答してみましょう。

各質問で重みが異なり、関連性も判別しているため、「5個チェックが付く=ピロリ菌の感染率が50%」になるわけではありません。

質問 回答
胃カメラで慢性胃炎を指摘されたことがある。
胃潰瘍や胃ポリープと診断されたことがある。
胃がムカムカしたり、ときどき痛みを感じる。
空腹、疲労、緊張などで吐き気が起こやすい。
胃に存在感があり、重みを感じるときがある。
胃の不快感を覚えてから6カ月以上が経過する。
治療薬を飲んでも一時的な快復にとどまる。
1970年以前の生まれで、衛生環境が悪かった。
同居中の家族などにピロリ菌の感染者がいた。
ピロリ菌を除菌した経験が1度もない。

ピロリ菌感染率


セルフチェックの中では、特に「胃カメラで慢性胃炎を指摘されたことがある」や「胃潰瘍や胃ポリープと診断されたことがある」に当てはまると、ピロリ菌に感染していることが多いです。

また、ピロリ菌はまだ未解明の部分もあり、各機関の研究結果や日本ヘリコバクター学会の公表で変化しますので、セルフチェックは病院に行こうか迷っている人の目安に留まります。

ただし、ピロリ菌は急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃がん、胃ポリープ、機能性胃腸症、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病などの原因になりえますので、早めに検査や除菌することが推奨されています。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2007.08.08
更新日更新日 2015.11.13

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
胃酸を中和するウレアーゼ!尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解
胃酸を中和するウレアーゼ!尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解
ピロリ菌が存在すると慢性胃炎や胃潰瘍になりやすいです。症状は「悪心、嘔吐、胸やけ、げっぷ、膨満感、重圧感、痛み」などが胃を襲います。胃の...
ピロリ菌で胃がんが5~6倍!刺激され続けるとがん化する
ピロリ菌で胃がんが5~6倍!刺激され続けるとがん化する
正常細胞に刺激を与え続けると、遺伝子に傷が付いてがん化する確率が高まります。これと同様に胃の正常細胞がピロリ菌に刺激され続けると、胃がん...
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌とはヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、ぬか漬け、キムチなどの食品の発酵を促す細菌類の一種です。乳酸菌は食物に含まれる乳糖やブドウ糖を発...
胃腸に優しい食品一覧!食物繊維が少なくて薄味の食品を選ぶ
胃腸に優しい食品一覧!食物繊維が少なくて薄味の食品を選ぶ
胃腸に優しい食事とは「胃で消化しやすく、腸で吸収しやすい」ことを意味します。具体的には消化吸収の妨げになる食物繊維が少なくて、胃での停滞...
唾液で感染しないピロリ菌!感染経路は不衛生な水道設備
唾液で感染しないピロリ菌!感染経路は不衛生な水道設備
上下水道の普及率が低く、衛生状態の悪い地域ではピロリ菌に感染する確率が高いことが判明しています。特に水道管の内部のヌルヌルに菌が繁殖して...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK