ピロリ菌で胃がんが5~6倍!刺激され続けるとがん化する

ピロリ菌は常に胃を刺激している

ピロリ菌は常に胃を刺激している

正常細胞に刺激を与え続けると、遺伝子に傷が付いてがん化する確率が高まります。これと同様に胃の正常細胞がピロリ菌に刺激され続けると、胃がんになる確率が上がることがわかりました。朝日新聞でも「ピロリ菌が胃がんを作る仕組み」について、詳しく掲載されています。

本来は免疫細胞にしかないはずの酵素がピロリ菌の刺激で現れ、誤作動することががんの引き金になっているという。これまで知られていなかった新たな発がんメカニズムの解明として注目される。

朝日新聞(2007年4月2日)

過去の調査ではピロリ菌が陽性の人の2.9%に胃がんが見つかり、逆に陰性の人には胃がんが全く認められませんでした。

このことから胃がんの場合にピロリ菌が存在する確率は100%に近く、ピロリ菌の何らかの性質が胃がんを誘発するとしています。

教授らが注目したのが、99年に自らが発見したAIDという酵素。この酵素は、最近などの多様な外的に対して様々な抗体を作るようにBリンパ球という免疫細胞の遺伝子に突然変異を誘導する働きを持つ。

朝日新聞(2007年4月2日)

ピロリ菌が存在すると、胃がんになる確率が5~6倍に上がるとされていました。今まではその理由がはっきりしていなかったのですが、今回AIDという酵素が存在することで細胞が変異して、がん化することを指摘しています。

がんを抑制する遺伝子が突然変異

ピロリ菌に感染したネズミの胃粘膜細胞でAIDの有無を調べてみた。すると、本来ないはずのAIDがたくさん存在していることが判明。

さらにその細胞では、がん抑制の作用を持つp53遺伝子など、複数の遺伝子に突然変異が起きていることを確かめた。

朝日新聞(2007年4月2日)

細胞ががん化する理由の1つとして、がん抑制作用を持つ細胞の働きが弱くなり、がんが発生しやすくなることがわかっています。

その細胞の遺伝子が傷つく仕組みとしては、今まで活性酵素が考えられていました。今回は遺伝子を変異させるAIDという酵素が特定されたことは、予防や治療に大きく貢献するでしょう。

細菌が原因でがんができる例は非常に珍しいです。早いうちのピロリ菌の除菌が胃がん予防に効果的と判断できます。

ピロリ菌は幼児時に経口感染し、胃に数十年住み続けて、大人になってから慢性胃炎を発症させます。日本では40代以上の70%が感染しているので、早めのピロリ菌の除菌が望ましいです。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2007.05.27
更新日更新日 2015.07.01

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意
ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意
最近「胃の調子が悪く、慢性化していて治らない」といった症状が現れている人は、ピロリ菌が原因かもしれません。特に50~60代の人はピロリ菌の保...
人類の移住ルートはピロリ菌の遺伝子情報で解析できる
人類の移住ルートはピロリ菌の遺伝子情報で解析できる
細菌やウイルスなどの病原体には必ず感染ルートが存在します。ピロリ菌についても毎日新聞の「ピロリ菌の感染ルート」で、遺伝的な観点をメインに...
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
20歳を過ぎてからはストレスを感じるたびに、胃が痛くなりました。特に社会人になってからはその頻度が増してしまい、寝不足になったときやお酒を...
ピロリ菌に関係する病気とは?慢性胃炎や胃がんはピロリ菌が原因
ピロリ菌に関係する病気とは?慢性胃炎や胃がんはピロリ菌が原因
ピロリ菌が発見されてからは、胃で発生する不快感の原因が「ピロリ菌である」と特定されることが多くなりました。例えば、胃粘液が減って胃壁の表...
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌とは栄養素の1つである糖類を分解して、雑菌の増殖を防ぐなどの働きがある乳酸を作り出す細菌のことです。私たちの体内にはビフィズス菌や...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK