ピロリ菌の歴史(後編)!ピロリ菌でノーベル医学生理学賞を授与

1982年 らせん菌の培養に成功する

1982年 らせん菌の培養に成功する

オーストラリアのBarry Marshall(バリー・マーシャル)とRobin Warren(ロビン・ウォレン)のところに、腹痛を訴える76歳のロシア人患者がやってきました。

その人の胃粘膜の一部分を採取して、顕微鏡で組織の状態を調べる胃生検により、慢性的な胃炎があることがわかります。

マーシャルは患者の承諾を得てから、抗生物質であるテトラサイクリン2gを14日間投与しました。その結果、患者の症状は改善して、再検査した胃炎像からも消失したことが判明します。

これを機にマーシャルはらせん菌と胃炎の関連性を確信したわけです。つまり、抗生物質は微生物の機能を抑える物質ですので「抗生物質が効く=微生物が存在する」ということになります。

そのあとも2人は胃生検によるらせん菌の分離と培養を研究し続け、100人を超える培養を試みました。

当時は低濃度の酸素と二酸化炭素を効率的に利用する微好気培養技術が基盤となっています。栄養と環境に対する条件が厳しい細菌に対しては、特殊な培地と培養法が必要だからです。

マーシャルらはこの微好気培養技術を応用して、慢性胃炎の患者の胃内と幽門付近かららせん菌を分離することに成功しました。

ただ、らせん菌の培養には失敗し続けます。人の胃かららせん状の菌を培養することは難しかったわけです。

しかし、マーシャルの実験助手が休暇をとったため、通常は数日で終わらせる培養を5日間そのまま放置したところ、培地上にらせん菌のコロニーができていることに気づき、これがらせん菌の培養の成功に繋がります。

実はこのらせん菌は増殖スピードが遅く、培養には長時間を必要とする細菌であったことが判明されました。

1994年 ピロリ菌を自分で飲んで慢性胃炎

マーシャルらは培養したらせん菌に「ヘリコバクター・ピロリ菌」と名付け、これが「胃疾患の病原体である」という仮説を提唱しました。

胃疾患の慢性化が胃がんの発生に関連することは、当時から知られていましたので、この仮説は「ピロリ菌が胃がんの発生に関与する」可能性を示唆するとして注目されます。

ただ、ピロリ菌が発見された当時は「慢性胃炎や胃潰瘍はもっぱらストレスだけが原因である」という説が主流でしたので、当初は疑いの目を持って迎えられたようです。

そこでまずは「ピロリ菌で胃疾患になること」を証明したいマーシャルは培養したピロリ菌を自ら飲むという自飲実験を行いました。その結果、マーシャルは急性胃炎を発症して、仮説の一部が証明されたわけです。

ただ、マーシャルの胃炎は治療を行うことなく自然に治癒したため、急性胃炎以外の胃疾患との関連については、証明されることはできませんでした。

例えば、急性ではなく慢性胃炎になると胃粘膜が脆くなり、胃酸やストレスなど種々の外因性の影響を受けて、胃粘膜の障害が強くなっていく傾向があります。ピロリ菌を飲んだあとにこの状態になれば、ピロリ菌が慢性胃炎にも悪影響を及ぼすことが確定します。

同時にに慢性胃炎の患者に対するピロリ菌の除菌に成功すると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発が抑制されることは明らかになりました。

それでもマーシャル自身はピロリ菌の感染による慢性胃炎の発症には至っていません。しかしながら、ニュージーランドの医学研究者Arthur Morris(アーサー・モリス)も、同様の自飲実験を行っています。

このとき、マーシャルと同様に急性胃炎を発症しただけでなく、モリスの場合は慢性胃炎への進行も認められました。

この結果、ピロリ菌が「急性胃炎と慢性胃炎の原因になる」ことが証明されます。胃疾患だった患者の多くから「ピロリ菌の除菌治療により、病気の再発防止に有効である」と受け入れられるようになりました。

また、動物実験では胃がんの発生にも成功し、1994年にはIARC(国際がん研究機関)が発行する「IARC発がん性リスク一覧に発がん物質」として記載されています。

2005年 2人がノーベル医学生理学賞を受賞

医学的な重要性からリコバクター・ピロリ菌の研究は勢力的に進められ、1997年にはゲノム解読が完了しています。

この結果からピロリ菌の胃内への定着や胃がんが発症するメカニズムについての研究が、さらに進められている段階です。

2000年11月より日本でもピロリ菌の診断と治療が、胃潰瘍と十二指腸潰瘍の患者に限って健康保険が適用されるようになり、難治性潰瘍などに悩んでいた患者にとって大きな福音となりました。

さらに胃過形成性ポリープの約75~80%がピロリ菌の除菌によって、消失や縮小も確認できています。

2005年にはピロリ菌の発見と培養の功績により、バリー・マーシャルとロビン・ウォレンにノーベル医学生理学賞が授与されています。

始めは胃の中に細菌がいることを信じていない人が大多数でしたが、長い年月をかけて常識を覆すような新しい成果を上げることができました。

現在ではピロリ菌の除菌が推奨されていますし、ピロリ菌に関するニュースは次々と発表されています。2005年以降の重要な情報についてはピロリ菌ニュース一覧にて紹介していきます。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.08.25
更新日更新日 2017.09.25

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
悪さをするピロリ菌の生態!胃粘膜のヒダの奥に潜んでいる
悪さをするピロリ菌の生態!胃粘膜のヒダの奥に潜んでいる
ピロリ菌の正式名称はHelicobacter Pylori(ヘリコバクター・ピロリ菌)です。ヘリコとはギリシャ語で「らせん」という意味を持ちます。これはピロ...
ピロリ菌の歴史(前編)!胃に菌の存在が確認できても否定される
ピロリ菌の歴史(前編)!胃に菌の存在が確認できても否定される
1874年にドイツの細菌学者G. Boettcher(ベッチャー)とM. Letulle(ルチュレ)が、人の胃に存在しているらせん状の細菌を発見しました。胃潰瘍に...
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
20歳を過ぎてからはストレスを感じるたびに、胃が痛くなりました。特に社会人になってからはその頻度が増してしまい、寝不足になったときやお酒を...
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌とは栄養素の1つである糖類を分解して、雑菌の増殖を防ぐなどの働きがある乳酸を作り出す細菌のことです。私たちの体内にはビフィズス菌や...
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌とはヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、ぬか漬け、キムチなどの食品の発酵を促す細菌類の一種です。乳酸菌は食物に含まれる乳糖やブドウ糖を発...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK