ピロリ菌の歴史(前編)!胃に菌の存在が確認できても否定される

1874年 胃潰瘍は細菌が原因である

1874年 胃潰瘍は細菌が原因である

1874年にドイツの細菌学者G. Boettcher(ベッチャー)とM. Letulle(ルチュレ)が、人の胃に存在しているらせん状の細菌を発見しました。胃潰瘍にこの細菌が必ず存在することから、仮説としてこの細菌が潰瘍の原因であることを発表しています。

顕微鏡で観察したこの結果が「ヘリコバクター・ピロリ菌の最初の報告」と言われていますが、正式な記録は残っていません。

1892年にはイタリアの研究者Giulio Bizzozero(ギユリロ・ビゾゼロ)が、犬の胃に生息する細菌について著した文献を発表しました。1896年にはSalomo(サロモン)が動物の胃内に存在する細菌を、ネズミなどの他の肉食動物に感染させることに成功しています。

その細菌がらせん状の形態をした「グラム陰性の真正細菌のスピロヘータ」であるという記載も残っています。

ここで言うグラムとは、細菌の分類のための染色法を考案した人物の名で、グラム陰性はその染色法で反応しなかったこと意味します。ちなみに他のグラム陰性には大腸菌やコレラ菌が含まれます。

真正細菌とは生物の分類の1つで、一般的な細菌やバクテリアのことです。スピロヘータはグラム陰性の真正細菌の中の1グループになります。

1899年 人の胃にらせん菌を発見

1899年にポーランドの研究者Walery Jaworski(ウォーレリー・ジャウォースキー)が人の胃からグラム陰性菌とらせん菌を一緒に見つけました。

彼はこの菌をVibrio rugula(ビブリオ・ルギュラー)と名付け、胃疾患との関連性をポーランド語で書かれた著書の中で提唱しました。

1906年にKrienitz(クリネッツ)を中心とした研究者らが、胃がん患者の胃粘膜にらせん菌がいることを発見しました。ただ、当時は細菌学の技術が十分に発達していなかったため、らせん菌の培養に成功していません。

1920年代には研究者Luck(ラック)の専門グループが、胃粘膜にある尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解する酵素であるウレアーゼが活性化されていることを発見しました。

しかし、粘膜上皮からウレアーゼを分離することに成功しなかったため、細菌ではなく胃粘膜がウレアーゼを分泌していると考えるようになります。

1938年にDomingues(ドミンゲス)が霊長類の胃からスピロヘータに近いらせん菌を分離して、胃炎の人の胃からもこのらせん菌を発見しています。

1940年代にFreedberg(フリードバーグ)とBarron(バーロン)は、胃を切除した標本の37%の症例にらせん菌が存在することを報告しました。そのらせん菌は3種類とされています。

このように胃の中の細菌と胃疾患に関連があるされ、医学研究者の関心と興味が徐々に高まっていった一方で、この説に対して異を唱える研究者も次第に増えていきました。

1954年 胃内のらせん菌を完全否定

ある細菌がある病気の原因であると決定するためには、細菌学の先駆者であるロベルト・コッホが提言した「コッホの4原則」に順ずる必要があります。

  1. 病気を発症している患者の全てにその細菌がいます。
  2. 他の病気の患者にはその細菌がいません。
  3. その細菌を投与すると同じ病気が発症します。
  4. 病気を引き起こした患者から同じ細菌が証明できます。

アメリカの病理学者で消化器病学の大家であったEddy Palmer(エディ・パルマー)が、1,000を超える胃の生検標本について検討した結果、らせん菌が発見できなかったと報告しました。

この報告によって、それまで報告されてきたらせん菌は、一種の雑菌混入によるものだったのではないかという考えが主流になり、一部の医学研究者を除いて、胃の中の細菌に対する研究者の関心は薄れていきました。

強酸性の胃の中にはすべての菌が死滅するわけではないですが、生命にとって劣悪な環境のために細菌は生息できないという結論が有力となったわけです。

1975年 らせん菌の存在が証明される

1975年 らせん菌の存在が証明されるその後、20年近くも目立った研究が進まない中、以前から尿素を分解して二酸化炭素とアンモニアを生む酵素ウレアーゼが、胃粘膜に発生していることはわかってきました。

そのため、塩酸が胃粘液層に侵入しない理由は、アンモニアが防御的役割を果たしていると考えられるようになります。

しかし、多くの研究者が胃粘膜組織に詳しくなかったために、胃粘膜に存在する細菌と胃粘膜のウレアーゼ活性との関連性については、そこまで研究が進みませんでした。

その中でも1975年に Steve(スティーブ)とColin Jones(コリン・ジョーンズ)は、胃潰瘍の胃を50個を切除して、胃潰瘍の81%にらせん菌と胃炎が存在することを証明しました。

ただ、当時の研究技術では、らせん菌の培養までは成功しませんでした。その後も研究を続けたスティールは、十二指腸潰瘍患者の十二指腸にみられる胃上皮化生粘膜に、らせん菌が存在することを明らかにしています。

以上の研究結果を踏まえ、胃の中のらせん菌はある2人の学者によって、その存在が確立されることになります。続きはピロリ菌の歴史(後編)で紹介します。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.08.25
更新日更新日 2015.05.20

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
ピロリ菌の歴史(後編)!ピロリ菌でノーベル医学生理学賞を授与
ピロリ菌の歴史(後編)!ピロリ菌でノーベル医学生理学賞を授与
オーストラリアのBarry Marshall(バリー・マーシャル)とRobin Warren(ロビン・ウォレン)のところに、腹痛を訴える76歳のロシア人患者がやって...
わさびが胃粘膜障害を抑制!強い殺菌力でピロリ菌の影響を軽減
わさびが胃粘膜障害を抑制!強い殺菌力でピロリ菌の影響を軽減
1994年にWHOの国際がん研究機関は「ピロリ菌が胃がんを誘発すると物質である」と発表しました。ピロリ菌は胃がん以外の胃疾患の発症率も高めます...
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌の学術論文やニュースは専門用語が多くてわかりにくいです。そのため、各研究機関やマスメディアが公表した情報をわかりやすく意訳したの...
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌とは栄養素の1つである糖類を分解して、雑菌の増殖を防ぐなどの働きがある乳酸を作り出す細菌のことです。私たちの体内にはビフィズス菌や...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK