迅速ウレアーゼ法でピロリ菌で検査!内視鏡で粘膜を採取する

迅速ウレアーゼ法は病気も発見できる

迅速ウレアーゼ法は病気も発見できる

内視鏡を使ったピロリ菌の検査は迅速ウレアーゼ試験、培養法、組織鏡検法の3種類に分かれています。この3つの中では結果がより早く判明する迅速ウレアーゼ試験が一般的です。

迅速ウレアーゼ試験ではピロリ菌の特徴であるウレアーゼの活性度を測定します。尿素とpH指示薬が混入された検査試薬内に、内視鏡で採取した胃粘膜などの胃生検組織を入れる検査です。

胃粘膜にピロリ菌が存在する場合には、ピロリ菌が有するウレアーゼで検査試薬内の尿素がアンモニアと炭酸ガスに分解されます。その結果、アルカリ性のアンモニアが検査試薬のpHが上昇して、色が青色に変化します。

迅速ウレアーゼ試験は比較的に安価で、培養法に劣らぬ高い特異性があります。この特異性とは「1つの抗原とだけ反応する性質」のことです。

つまり、検査試薬はピロリ菌のみに反応するため、偽陽性や偽陰性になる確率が少なく、正確性に優れています。内視鏡を使うので慢性胃炎や胃潰瘍などの胃疾患の診断を同時できるという効率性も支持されています。

ただし、ピロリ菌を含む生体を採取できなかったり、ピロリ菌を除菌したあとは偽陰性が強く出るといったデメリットも存在します。

また、内視鏡による検査は身体に負担がかかるために侵襲的検査ともされており、内視鏡を使わない尿素呼気試験法などの非侵襲的検査よりも、一般的には浸透されていません。

幅広い調査なら培養法と組織鏡検法

内視鏡を使う迅速ウレアーゼ試験以外の検査には、培養法と組織鏡検法があります。培養法は胃生検組織の切片から複数の菌を分離して、培養することでピロリ菌の存在を確認する検査です。

長所はピロリ菌を直接入手できる点であり、遺伝子診断などの他の検査に利用することができます。

欠点は培養に5~7日を要する点で、他の検査よりも時間を要します。人的資源が不可欠であるため、予算も割高になります。さらに部分的に組織を採取するため、ピロリ菌が存在してもヒットしない可能性も否めません。

一方、組織鏡検法は培養法のように搾取するのではなく、胃内壁などの組織切片をHE(ヘマトキシリン・エオジン)染色やギムザ染色で染色して、顕微鏡で様子を観察する検査です。

直接、胃部を観察することでピロリ菌の存在を診断します。顕微鏡を使うので他の菌の発見にもつながり、培養不能でウレアーゼ活性も持たない球状菌でも診断できる長所があります。

ただ、ピロリ菌はそれらに該当しませんし、組織鏡検法は手間がかかり、死菌と生菌の区別がつかないため、ピロリ菌検査では扱わない検査方法です。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.07.29
更新日更新日 2015.12.20

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
息を吹くだけの尿素呼気試験法!ピロリ菌で増えた尿素の量を比較
息を吹くだけの尿素呼気試験法!ピロリ菌で増えた尿素の量を比較
ピロリ菌は胃がんの危険因子であるとされ、WHO(世界保健機関)でも除菌治療が奨励されています。未病のためにもピロリ菌の検査を行いましょう。ピ...
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌の学術論文やニュースは専門用語が多くてわかりにくいです。そのため、各研究機関やマスメディアが公表した情報をわかりやすく意訳したの...
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
20歳を過ぎてからはストレスを感じるたびに、胃が痛くなりました。特に社会人になってからはその頻度が増してしまい、寝不足になったときやお酒を...
ピロリ菌に関係する病気とは?慢性胃炎や胃がんはピロリ菌が原因
ピロリ菌に関係する病気とは?慢性胃炎や胃がんはピロリ菌が原因
ピロリ菌が発見されてからは、胃で発生する不快感の原因が「ピロリ菌である」と特定されることが多くなりました。例えば、胃粘液が減って胃壁の表...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK