内視鏡(胃カメラ)でピロリ菌を検査!胃の病気や治療もできる

胃腸の検査には内視鏡検査がベスト

胃腸の検査には内視鏡検査がベスト

内視鏡検査は細いガラス繊維を何万本も束ねたファイバースコープで、胃などの内部を直接覗く検査方法です。内視鏡は主に人体内部を観察するための作られた医療機器で、細長い形状に光学系を内蔵し、先端を体内に挿入することによって内部の映像を見ることができます。

上部消化管である胃を診る場合によく使われることから「胃カメラ」と言われることもありますが、胃カメラはカメラ機能しかない機械のことであり、本来は内視鏡のほうがふさわしいです。

内視鏡は映像を送るだけではなく、胃内壁や胃粘膜などの組織切片を採取できます。ピロリ菌の検査でも「胃粘膜にあるアンモニアの量を調べる迅速ウレアーゼ試験、胃粘膜に潜むピロリ菌を培養する培養法、胃粘膜を顕微鏡で観察する組織鏡検法」で内視鏡が使用されます。

さらに内視鏡は観察のみに留まらず、治療行為を兼ねている機械がほとんどです。内視鏡で胃ポリープを切除する処置ができたり、胃炎のために胃の中を洗浄したり、胆道や膵臓の治療にも内視鏡が用いられています。

ただ、内視鏡検査に慣れていない人は、吐き気を伴う苦しい検査となることから、現在では苦痛の少ない非有線式のカプセルを口から飲む新世代内視鏡などの開発も進められています。

一般的には内視鏡検査の負担を軽減するために、今では鼻から入れて、食道を通過し、胃の中を撮影できるタイプも浸透しています。吐き気を伴う不快感が軽減されるために、体への負担が少ないです。

睡眠薬を注射して、意識が薄れている間に検査をすることもできます。軽い眠気や強い眠気のように量も調整できます。このように多くの研究により、患者への柔和な対応が進められています。

診断箇所で異なる内視鏡を使用

内視鏡には複数の種類があり、撮影する消化器官や内臓の違いで呼び名が異なります。例えば、胃腸科では上部消化管内視鏡など、耳鼻科では耳鼻咽喉鏡が主に使われています。

名称 説明
上部消化管内視鏡 食道、胃、十二指腸を診るスコープです。太さは1cm程度ですが、鼻からも入れられるタイプは5mmと小さくなります。
喉頭鏡 咽頭および喉頭の観察を行う場合に使用します。
気管支鏡 気管および気管支を観察します。上部消化管内視鏡検査などで使用される内視鏡と比較して、細径の内視鏡が使用されます。
胸腔鏡 肋骨の間を約1cm切開し内視鏡を挿入します。胸腔鏡を用いた肺の手術は切開創が小さく体への負担が比較的軽いとされます。
腹腔鏡 腹腔内はスペースがないため、ガスを送り込んで腹を膨らませてから、へその横を1~2cmほど切開し内視鏡を挿入します。
胆道鏡 胆管の内腔を観察します。胆道病変に対して行われることがあります。
小腸鏡 長い小腸を全て撮影するために、口側から挿入しつつも肛門側からも挿入することにより、全小腸の画像診断が可能する内視鏡です。
膀胱鏡 尿道および膀胱の内腔を観察します。尿道口から挿入し、前立腺肥大症や膀胱腫瘍の手術で広く普及しています。
関節鏡 関節腔の観察や処置を行う場合に使用します。

内視鏡検査は主に上部消化管内視鏡検査と下部消化管内視鏡検査の2種類に大別もできます。上部消化管内視鏡検査は消化管の内腔を観察するため、基本的に口や鼻から挿入して、咽頭、食道、胃、十二指腸を観察します。

下部消化管内視鏡検査は肛門から挿入して、直腸、結腸、回腸終末部を観察するために「大腸ファイバースコープ検査」とも呼ばれている一般的な検査です。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.08.28
更新日更新日 2015.12.20

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
消化管X線検査の手順!下剤でバリウムを排出しないと腹痛になる
消化管X線検査の手順!下剤でバリウムを排出しないと腹痛になる
胃に限定した消化管X線検査は上部消化管X線検査とも呼ばれており、発泡剤とバリウムを飲んで、上部の消化管をX線で検査する方法です。上部消化管...
息を吹くだけの尿素呼気試験法!ピロリ菌で増えた尿素の量を比較
息を吹くだけの尿素呼気試験法!ピロリ菌で増えた尿素の量を比較
ピロリ菌は胃がんの危険因子であるとされ、WHO(世界保健機関)でも除菌治療が奨励されています。未病のためにもピロリ菌の検査を行いましょう。ピ...
血液検査でピロリ菌の有無を判定!7種類あるピロリ菌検査を比較
血液検査でピロリ菌の有無を判定!7種類あるピロリ菌検査を比較
胃の不快感や病気を持つ人のみに、ピロリ菌の検査が推奨されているわけではありません。ピロリ菌は日本人全体の50%以上、50代以降では70%以上が...
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
20歳を過ぎてからはストレスを感じるたびに、胃が痛くなりました。特に社会人になってからはその頻度が増してしまい、寝不足になったときやお酒を...
唾液で感染しないピロリ菌!感染経路は不衛生な水道設備
唾液で感染しないピロリ菌!感染経路は不衛生な水道設備
上下水道の普及率が低く、衛生状態の悪い地域ではピロリ菌に感染する確率が高いことが判明しています。特に水道管の内部のヌルヌルに菌が繁殖して...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK