胃の病気

胃腸の病気リストの中でも胃の病気に関する記事を分類しました。特に慢性胃炎や胃がんなどがよく読まれています。
急性胃炎 - 胃壁の一部がピンク色から赤色に炎症した状態
急性胃炎 - 胃壁の一部がピンク色から赤色に炎症した状態
急性胃炎は急性的に胃に炎症を起こす病気で、一般的な胃の疾患の1つになります。通常、胃の内部はピンク色が正常な状態ですが、胃カメラで赤い部...
慢性胃炎 - 原因の80%以上を占めるピロリ菌の除去で完治を目指す
慢性胃炎 - 原因の80%以上を占めるピロリ菌の除去で完治を目指す
慢性胃炎は慢性的に胃に炎症を起こす病気です。常に胃に存在感を覚え、薬を飲み続ける人も多いです。一般的に胃粘膜に存在する胃腺が萎縮して、胃...
胃潰瘍 - ピロリ菌が存在する人は除菌療法と投薬療法が効果的
胃潰瘍 - ピロリ菌が存在する人は除菌療法と投薬療法が効果的
胃潰瘍は胃の粘膜が欠損して潰瘍を起こす病気です。この胃潰瘍と十二指腸潰瘍は消化性潰瘍と呼ばれています。主に胃酸などの胃粘膜に対する攻撃因...
胃ポリープ - 胃にできる良性腫瘍で特別な治療は必要なし
胃ポリープ - 胃にできる良性腫瘍で特別な治療は必要なし
胃ポリープは胃に良性の腫れ物ができる病気で、自覚症状がないことが多いです。ポリープとはキノコのように隆起した良性腫瘍です。同じ出来物でも...
胃がん - 初期症状である慢性胃炎の段階で治療したい
胃がん - 初期症状である慢性胃炎の段階で治療したい
胃がんは胃に悪性腫瘍ができる病気ですが、最近では早期発見をすれば、100%近く治癒できるようになりました。ただし、胃がんの死亡者は年間4万人に...
マロリー・ワイス症候群 - 食道と胃のつなぎ目が出血する病気
マロリー・ワイス症候群 - 食道と胃のつなぎ目が出血する病気
マロリー・ワイス症候群は食道と胃のつなぎ目が切れて出血する病気です。激しく嘔吐したあとに大量の吐血が起こり、腹痛がないことが特徴です。その多...
吻合部潰瘍 - 手術で血管や神経をつないだ箇所にできる腫瘍
吻合部潰瘍 - 手術で血管や神経をつないだ箇所にできる腫瘍
吻合部潰瘍とは胃切除手術後につなぎ合わせた部分にできる腫瘍です。吻合(ふんごう)とは血管や神経を外科手術で接続した箇所を意味します。傷口...
急性胃拡張 - 食べ物やガスが溜まって胃が巨大化する病気
急性胃拡張 - 食べ物やガスが溜まって胃が巨大化する病気
急性胃拡張は胃に内容物が停滞して、急性的に胃の容積が拡大する病気です。食事後にお腹が張る膨満感にも用いられることがありますが、膨満感は正...
胃アトニー - 胃の筋肉が弱くなって胃の機能が衰えた状態
胃アトニー - 胃の筋肉が弱くなって胃の機能が衰えた状態
胃下垂は胃が骨盤よりも下がっている状態のことですが、胃アトニーはその胃下垂が原因で胃の筋肉がたるんで、胃の機能が低下してしまう病気です。症...
胃アニサキス症 - アニサキスの卵や幼虫がある魚を食べたことが原因
胃アニサキス症 - アニサキスの卵や幼虫がある魚を食べたことが原因
胃アニサキス症はアニサキスという幼虫が胃の中に潜伏した状態であり、激しい胃の痛みに襲われ、腹の上部に強い痛みを覚えます。摘出しないとつら...
胃切除後症候群 - 消化されない食べ物で小腸が異常をきたす状態
胃切除後症候群 - 消化されない食べ物で小腸が異常をきたす状態
胃切除後症候群は胃の切除後に食事に障害が起きる病気で、胃の手術を受けた人が食事を始めてから数時間のうちに発症します。原因は手術によって胃...
胃肉腫 - 胃粘膜の下にできる腫瘍で悪化すると治療が困難
胃肉腫 - 胃粘膜の下にできる腫瘍で悪化すると治療が困難
胃肉腫は胃粘膜の下に腫瘍が発生する病気です。胃肉腫には2種類があり、2/3は悪性リンパ系胃肉腫であり、1/3が胃平滑筋肉腫とされています。悪性リ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK