胃肉腫 - 胃粘膜の下にできる腫瘍で悪化すると治療が困難

悪性リンパ系胃肉腫と胃平滑筋肉腫が存在

性リンパ系胃肉腫と胃平滑筋肉腫が存在

胃肉腫は胃粘膜の下に腫瘍が発生する病気です。胃肉腫には2種類があり、2/3は悪性リンパ系胃肉腫であり、1/3が胃平滑筋肉腫とされています。

悪性リンパ系胃肉腫は悪性のリンパ腫が発生する病気であり、症状は食欲不振、吐き気、痛み、吐血、下血、体重減少です。自覚症状から診断することは困難で、胃がんとの見分けがつきにくい病気になります。悪性リンパ系胃肉腫の発生原因もはっきりとは判明していません。

胃平滑筋肉腫はリンパ腫が胃粘膜の下に発生する病気です。症状は胃痛、胃もたれ、不快感、吐き気、膨満感になります。良性と悪性があり、手術でも腫瘍を除去しきれないことが多いため、悪性は完治が厳しい病気です。

胃平滑筋肉腫の平滑筋とは自律神経の作用で収縮する筋肉のことであり、胃平滑筋にある腫瘍は大きくなると、仮に良性だったとしても胃の粘膜を突き破って悪性に変わりやすいです。

自覚症状としては、悪性リンパ系胃肉腫と胃平滑筋肉腫に違いは感じられません。両方とも貧血や吐血が悪化してから、症状に気付くことも特徴です。

また、ピロリ菌が原因で胃肉腫になるとの報告は受けていませんが、ピロリ菌が存在すると胃肉腫を誘発するとされています。

悪化したときの5年生存率は10~30%

胃肉腫は胃潰瘍のような特徴的な激痛もないため、初期症状では「胃の調子が悪い」程度の自覚症状しかありません。

そのため、内視鏡検査や消化管X線検査で胃肉腫が発見されることが多いです。内視鏡では観察と同時に組織を採取して、良性か悪性も判断します。

胃肉腫が大きくなると、自分で胃のしこりに触れることができますが、これは胃の粘膜を破って潰瘍を作るほど悪化したことを意味します。

悪性リンパ系胃肉腫の治療では、悪い部分を残さないように切除術を行うことが基本です。その時期や細胞の種類によって、ピロリ菌の除菌や抗がん薬を併用した化学療法が選択されることもあります。

胃平滑筋肉腫の治療では放射線療法が悪性リンパ系胃肉腫より有効ではないため、こちらは胃局所切除術が主体となります。化学療法を併用します。

胃肉腫は悪化に気づきにくく、手術でも腫瘍を取りきれないこともあり、5年生存率は10~30%と低い病気です。放っておくと次第に悪化して死亡する可能性が高いので、いずれにしても緊急に処置をしないといけません。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.07.29
更新日更新日 2015.05.20

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
執筆・編集
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
胃切除後症候群 - 消化されない食べ物で小腸が異常をきたす状態
胃切除後症候群 - 消化されない食べ物で小腸が異常をきたす状態
胃切除後症候群は胃の切除後に食事に障害が起きる病気で、胃の手術を受けた人が食事を始めてから数時間のうちに発症します。原因は手術によって胃...
胃ポリープ - 胃にできる良性腫瘍で特別な治療は必要なし
胃ポリープ - 胃にできる良性腫瘍で特別な治療は必要なし
胃ポリープは胃に良性の腫れ物ができる病気で、自覚症状がないことが多いです。ポリープとはキノコのように隆起した良性腫瘍です。同じ出来物でも...
【漫画】1分でわかるピロリ菌!胃炎や胃がんの原因
【漫画】1分でわかるピロリ菌!胃炎や胃がんの原因
ピロリ菌は胃の中に好んで住みつき、胃の壁を傷つける細菌です。胃の中は強い酸性で「細菌が住めない」と思われていたため、1983年に発見されるま...
血液検査でピロリ菌の有無を判定!7種類あるピロリ菌検査を比較
血液検査でピロリ菌の有無を判定!7種類あるピロリ菌検査を比較
胃の不快感や病気を持つ人のみに、ピロリ菌の検査が推奨されているわけではありません。ピロリ菌は日本人全体の50%以上、50代以降では70%以上が...
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌とはヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、ぬか漬け、キムチなどの食品の発酵を促す細菌類の一種です。乳酸菌は食物に含まれる乳糖やブドウ糖を発...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK