胃ポリープ - 胃にできる良性腫瘍で特別な治療は必要なし

自覚症状が少ないために検査が重要

自覚症状が少ないために検査が重要

胃ポリープは胃に良性の腫れ物ができる病気で、自覚症状がないことが多いです。ポリープとはキノコのように隆起した良性腫瘍です。同じ出来物でも良性であれば過度の心配はいりません。

ちなみにポリープとは形態的な名称ですので、胃の中で盛り上がった出来物は全て胃ポリープとも呼べます。

病理組織学的には「過形成ポリープ、炎症性ポリープ、腺種性ポリープ、過誤腫性ポリープ、胃底腺ポリープ」などに分けることはできますが、その状態から原因を特定するにはいたりません。

大きさや数がまったく変わらないケースもありますが、大きさが増したり、数が増えたり、形が崩れたりする場合もあります。

また、ポリープ状の出来物が胃粘膜の表面にあったときは、早期がんとポリープの識別が必要で精密検査を行います。

内視鏡やピロリ菌除菌薬で取り除く

内視鏡やピロリ菌除菌薬で取り除く胃ポリープは以前はがん化が起こりやすい病気であり、がんになる確率は約20%と定義されいましたが、現在ではがん化することはまれであるとされています。

また、定期的に消化管X腺検査や内視鏡検査で経過を観察していれば、特別な治療は必要ありません。

ただし、大きくなるとがん化の可能性も捨てきれないため、専門医には「胃ポリープを内視鏡で切除しましょう」と勧められることもよくあります。

それ以外のケースでは胃ポリープが大きくなったり、悪化して胃粘膜より出血するほど、ひどい状態も同様に切除を行います。

ピロリ菌の感染が原因で胃ポリープになるとの報告はありませんが、過形成ポリープはピロリ菌を除菌することによって、過形成ポリープが消失してしまうことがあるため、いずれにしてもピロリ菌の除菌は推奨されます。

逆に健康でピロリ菌が感染していない胃粘膜にできる胃底腺ポリープもあります。これは30~50代の女性が発症しやすいポリープです。

他にもポリープがんという粘膜萎縮が強い胃に多いポリープ型のがんもあり、このときもピロリ菌の検査で陽性反応を示すことがあります。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.07.28
更新日更新日 2015.05.20
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
胃肉腫 - 胃粘膜の下にできる腫瘍で悪化すると治療が困難
胃肉腫 - 胃粘膜の下にできる腫瘍で悪化すると治療が困難
胃腸の病気リスト 胃の病気
胃肉腫は胃粘膜の下に腫瘍が発生する病気です。胃肉腫には2種類があり、2/3は悪性リンパ系胃肉腫であり、1/3が胃平滑筋肉腫とされています。悪性リ...
胃がん - 初期症状である慢性胃炎の段階で治療したい
胃がん - 初期症状である慢性胃炎の段階で治療したい
胃腸の病気リスト 胃の病気
胃がんは胃に悪性腫瘍ができる病気ですが、最近では早期発見をすれば、100%近く治癒できるようになりました。ただし、胃がんの死亡者は年間4万人に...
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌に潜む3個のデメリット!即効性・糖質過多・添加物に注意
乳酸菌の特徴と種類 乳酸菌の基礎知識
乳酸菌とは栄養素の1つである糖類を分解して、雑菌の増殖を防ぐなどの働きがある乳酸を作り出す細菌のことです。私たちの体内にはビフィズス菌や...
わさびが胃粘膜障害を抑制!強い殺菌力でピロリ菌の影響を軽減
わさびが胃粘膜障害を抑制!強い殺菌力でピロリ菌の影響を軽減
ピロリ菌の除菌療法 食べ物でピロリ菌を除菌
1994年にWHOの国際がん研究機関は「ピロリ菌が胃がんを誘発すると物質である」と発表しました。ピロリ菌は胃がん以外の胃疾患の発症率も高めます...
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌の基礎知識 ピロリ菌の知識一覧
ピロリ菌の学術論文やニュースは専門用語が多くてわかりにくいです。そのため、各研究機関やマスメディアが公表した情報をわかりやすく意訳したの...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ピロリ菌事典編集部
ピロリ菌事典編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
ピロリ菌を除菌した体験談を中心に、胃との関連性を徹底解説。ヨーグルトによる治療や胃疾患などを紹介しています。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK