新着コンテンツ

NEW CONTENTS
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌とは?乳酸を生成して雑菌の繁殖を抑える細菌
乳酸菌の特徴と種類 乳酸菌の基礎知識
乳酸菌とはヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、ぬか漬け、キムチなどの食品の発酵を促す細菌類の一種です。乳酸菌は食物に含まれる乳糖やブドウ糖を発...
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌のニュース一覧!胃疾患との関連性や除菌率の向上など
ピロリ菌の基礎知識 ピロリ菌の知識一覧
ピロリ菌の学術論文やニュースは専門用語が多くてわかりにくいです。そのため、各研究機関やマスメディアが公表した情報をわかりやすく意訳したの...
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
ピロリ菌の除菌体験!10年間続いた胃痛と吐き気がなくなる
ピロリ菌の体験談 ピロリ菌の体験談一覧
20歳を過ぎてからはストレスを感じるたびに、胃が痛くなりました。特に社会人になってからはその頻度が増してしまい、寝不足になったときやお酒を...

閲覧ランキング

VIEW RANKING
胃腸に優しい食品一覧!食物繊維が少なくて薄味の食品を選ぶ
胃腸に優しい食品一覧!食物繊維が少なくて薄味の食品を選ぶ
ピロリ菌の基礎知識 ピロリ菌の知識一覧
胃腸に優しい食事とは「胃で消化しやすく、腸で吸収しやすい」ことを意味します。具体的には消化吸収の妨げになる食物繊維が少なくて、胃での停滞...
ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意
ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意
ピロリ菌の基礎知識 ピロリ菌の知識一覧
最近「胃の調子が悪く、慢性化していて治らない」といった症状が現れている人は、ピロリ菌が原因かもしれません。特に50~60代の人はピロリ菌の保...
胃腸科でピロリ菌を治療!診察や検査は30分以内に完了する
胃腸科でピロリ菌を治療!診察や検査は30分以内に完了する
ピロリ菌の除菌療法 治療薬でピロリ菌を除菌
胃潰瘍や胃潰瘍の原因になるピロリ菌は、大人になってからはあまり感染せず、その多くは抵抗力の弱い子どものうちに感染するケースが目立ちます。大...

病院でのピロリ菌の検査方法

病院でピロリ菌を検査するときは、吐き出した息の成分を解析する尿素呼気試験法が一般的です。この尿素呼気試験法ではピロリ菌が分泌するウレアーゼの働きで作られる二酸化炭素の量を調べています。

実際に検査を受けてみたところ、28分で判定が出ました。ただし、医療機関によっては、翌日以降に検査結果を通知する場合もあります。

検査項目説明
吹く吹く検査薬の服用前に、吐き出した息を専用の袋に採取します。
飲む飲む検査薬を空腹時に、水とともに噛まずに飲み込みます。
寝る寝る胃部に広めるに5分間、左向きで横になる姿勢を保ちます。
待つ待つ化学反応のために15分間だけ座位の姿勢を保ちます。
吹く吹く再び呼気を採取します。ピロリ菌がいると二酸化炭素が多く発生します。
計る計る呼気中の二酸化炭素を分析する装置で、すぐに結果がわかります。

胃の調子が悪い人は専門医に相談して、検査してみましょう。日本ヘリコバクター学会ではピロリ菌の除菌を推奨しています。

除菌後に胃が改善した体験者

30代男性30代男性

仕事の合間をぬって、検査をしに行きました。検査は錠剤を飲んで、小さなパックに息を吐くだけの簡単なもので、やはり菌が見つかりました。除菌の抗生剤をもらい、2週間ほど飲み続けた結果、菌はいなくなりました。持病の胃潰瘍も治り、今ではすっかり元気です。

40代女性40代女性

胃癌の健康診断で陽性と判定されました。以前から胃の調子が悪く、市販の胃腸薬を飲んでも良くならなかった経験もあり、心配で医師に相談しました。副作用の少ない薬の投与を続け、菌が死滅しました。今ではすっかり丈夫になり、食欲も元気も元通りになりました。

50代男性50代男性

長年胃潰瘍に悩んでたのですが、検査で陽性反応が出て原因がようやくわかりました。除菌治療が受けられることになり、1週間抗生物質を飲みました。結果、菌の除去に成功してからガラリと胃の調子が良くなりました。胃痛がなくなり、アルコールや辛いものも平気に食べられます。

ピロリ菌を除菌すべき3つの理由

チェック1

胃の調子が常に悪くなる

ヘリコバクター・ピロリ菌ピロリ菌とは学名でHelicobacter Pyloriと呼ばれる体長3~5μmほどの小さな細菌で、胃の中で快適に生活しています。

胃の中は強酸性である胃酸で溢れていますが、そのような環境でもピロリ菌は生き続けます。これはピロリ菌が胃酸を中和するウレアーゼを発生するためです。

このウレアーゼや毒素が胃粘膜や胃壁を破壊することで、胃に炎症が起きます。その結果、最初の不快感として胃に存在感や重さを感じやすいです。

ピロリ菌によって胃の環境が悪化していくと、空腹時や軽いストレスでも吐き気が起きることが多くなります。その後は慢性胃炎胃潰瘍を発生しやすいです。

ただし、ピロリ菌の除菌さえしてしまえば、あの体の内部から押し付けられるような不快感から逃れることができます。

チェック2

胃がんになる確率が上昇

がんの予防法には「適度な食事量、栄養バランス、野菜と果物の摂取、塩分量の調整、アルコールの制限、運動習慣、体重コントロール、ウイルスや細菌感染の防止、定期的ながん検診、禁煙」といった10箇条が存在します。

ただし、胃がんに限ると「ピロリ菌の除菌」が最優先事項となります。もちろん、ピロリ菌に感染している人が100%胃がんになるわけではないですし、ピロリ菌を除菌しても100%胃がんを防げるわけではありません。

しかしながら、胃がんになった人の95%以上は、ピロリ菌に感染していることがわかりました。これにより、ピロリ菌を除菌すると胃がんになる確率は相当低くなるとされています。

さらに胃がん患者の胃からピロリ菌を取り除くと、再発率が約30%に減ることもわかっています。それ以外にもピロリ菌は急性胃炎胃ポリープ、機能性胃腸症、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病などになりえます。

チェック3

治療法が確立されている

胃がんは肺がんの次に死亡する人の割合が多い病気であり、特に50~60代以上の発病率が高いです。その理由の1つが「中高年のほとんどがピロリ菌に感染している」ことがあげられます。

ただ、ピロリ菌はすでに除菌方法が確立されている細菌です。尿素呼気試験法や血液検査で感染の有無を調べます。

もしピロリ菌が見つかったら胃酸分泌抑制薬と2種類の抗菌薬を7日間服用します。これで80~90%の人が除菌に成功します。除菌できなかった人も抗菌薬を変えることで、除菌率は95%以上にまで上がります。

また、ピロリ菌を最も減少させる乳酸菌などを使った食事療法もあります。特にLG21を始めとした乳酸菌は胃腸だけではなく、皮膚や体質などの機能改善に期待できることが科学的に証明されています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKED UP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK